ストラテジック・コンサルティング九州合同会社さん 2016-12-19 10:39:44 No. 1

現在公募中の「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の公募対策講座を開催します。

[講座の特徴]
1.採択不採択に差の出る「加点項目」を徹底解説します。一見、自社と関係がないように思える項目が、自社にもあてはまることをケーススタディで理解していただきます。
2.凡ミス申請が多発し、「落とし穴」と言われる数値問題を徹底解説し、減点を回避させる理解に導きます。
3.本年度は1/17締切の一発勝負!今から始める対策と今後増える「電子申請」の方法や利点も解説します。

[講師より皆様へ]
ものづくり補助金申請は、例えて言えば大学入試の「穴埋め式」問題と「記述式」問題がセットになったようなものです。「記述式」問題に例えた ”5.事業の具体的な内容” は、近年申請書レベルが高くなり、申請する皆様がポイントを押さえた内容に仕上げ、甲乙付け難い申請書が続出しています。
では、それらの申請書がどこで差が付くのかと言えば、「穴埋め式」問題に例えた ”〇会社全体の事業計画”に代表される数値問題や”(6)その他”の加点項目なのです。数値問題には一定のルールがあります。昨年度のセミナー参加者の多くが、何とかなるだろう感覚でした。大学入試とは違い×(バツ)にはならないにしても、ルールに従わないので減点になります。また、加点項目は業務受託取扱団体が行う説明会においても詳しく説明されません。項目だけを見て、自社とは関係ないと早々に諦める方も多いのです。また、加点項目は累計点になりますので、ここで他者を引き離したり、「記述式」が少し悪くとも一発逆転が狙えます。
ものづくり補助金は大学入試のように申請書を点数付けて採点されます。申請書のレベルが高くなったと申し上げましたが、高くなったからこそ近年、合格点前後に最も申請者が集中する傾向にあります。言い換えますと、合格点から0.5点でも低ければ不採択であり、0.5点でも高ければ当然採択なのです。ですから、皆様には「1点」の重みを十分にご理解いただきたいと思います。
当セミナーでは
①無駄な失点を無くす
②得られる得点を得る
と、マラソンや駅伝に例えれば、団子の集団からいち早く抜き出ることを確実にするセミナーにします。1点で泣き笑うと言われるのなら、1点でも多くゲットして得て笑ってください。

[講座内容]
•本年度のトピック
•今回公募のみの一発勝負!今から始める対策
•落とし穴の数値問題パーフェクト攻略
•加点項目徹底攻略:「賃上げ~」「TPP~」
•加点項目徹底攻略:「経営革新計画」
•加点項目徹底攻略:「経営力向上計画」
•加点項目徹底攻略:「小規模事業者」「IT化~」
•電子申請のメリット

福岡・熊本の2か所で開催!

<福岡>
2016年12月26日(月)14:30-16:00
アクロス福岡 7階<702会議室>
福岡市中央区天神1-1-1
地下鉄「天神」駅16番出口直結

<熊本>
2016年12月27日(火)14:30-16:00
くまもと森都心プラザ<C会議室>
熊本市西区春日1-14-1
「熊本」駅徒歩3分

[受講料]
3,000円(当日現金にて領収)

弊社HPよりお申込みください
http://sc-llc.jp/seminar_form/'>http://sc-llc.jp/seminar_form/
⇒うまくセミナーページに移動できないときは、一番下の弊社HPよりお入りいただき、セミナーページに移ってください。

[経営理念]
我々は認定支援機関として責任ある態度・行動を標榜し、中小企業経営に正しく且つ実践的な情報提供に努めます。

[この講座に関するお問い合わせ]
主催者:ストラテジック・コンサルティング九州合同会社(認定支援機関:九州経済産業局)
        福岡市中央区渡辺通5-14-12南天神ビル3階
       電話 092-687-6422
   URL  http://sc-llc.jp/

ストラテジック・コンサルティング九州合同会社さん
2016-12-19 10:39:44 No. 1

現在公募中の「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の公募対策講座を開催します。

[講座の特徴]
1.採択不採択に差の出る「加点項目」を徹底解説します。一見、自社と関係がないように思える項目が、自社にもあてはまることをケーススタディで理解していただきます。
2.凡ミス申請が多発し、「落とし穴」と言われる数値問題を徹底解説し、減点を回避させる理解に導きます。
3.本年度は1/17締切の一発勝負!今から始める対策と今後増える「電子申請」の方法や利点も解説します。

[講師より皆様へ]
ものづくり補助金申請は、例えて言えば大学入試の「穴埋め式」問題と「記述式」問題がセットになったようなものです。「記述式」問題に例えた ”5.事業の具体的な内容” は、近年申請書レベルが高くなり、申請する皆様がポイントを押さえた内容に仕上げ、甲乙付け難い申請書が続出しています。
では、それらの申請書がどこで差が付くのかと言えば、「穴埋め式」問題に例えた ”〇会社全体の事業計画”に代表される数値問題や”(6)その他”の加点項目なのです。数値問題には一定のルールがあります。昨年度のセミナー参加者の多くが、何とかなるだろう感覚でした。大学入試とは違い×(バツ)にはならないにしても、ルールに従わないので減点になります。また、加点項目は業務受託取扱団体が行う説明会においても詳しく説明されません。項目だけを見て、自社とは関係ないと早々に諦める方も多いのです。また、加点項目は累計点になりますので、ここで他者を引き離したり、「記述式」が少し悪くとも一発逆転が狙えます。
ものづくり補助金は大学入試のように申請書を点数付けて採点されます。申請書のレベルが高くなったと申し上げましたが、高くなったからこそ近年、合格点前後に最も申請者が集中する傾向にあります。言い換えますと、合格点から0.5点でも低ければ不採択であり、0.5点でも高ければ当然採択なのです。ですから、皆様には「1点」の重みを十分にご理解いただきたいと思います。
当セミナーでは
①無駄な失点を無くす
②得られる得点を得る
と、マラソンや駅伝に例えれば、団子の集団からいち早く抜き出ることを確実にするセミナーにします。1点で泣き笑うと言われるのなら、1点でも多くゲットして得て笑ってください。

[講座内容]
•本年度のトピック
•今回公募のみの一発勝負!今から始める対策
•落とし穴の数値問題パーフェクト攻略
•加点項目徹底攻略:「賃上げ~」「TPP~」
•加点項目徹底攻略:「経営革新計画」
•加点項目徹底攻略:「経営力向上計画」
•加点項目徹底攻略:「小規模事業者」「IT化~」
•電子申請のメリット

福岡・熊本の2か所で開催!

<福岡>
2016年12月26日(月)14:30-16:00
アクロス福岡 7階<702会議室>
福岡市中央区天神1-1-1
地下鉄「天神」駅16番出口直結

<熊本>
2016年12月27日(火)14:30-16:00
くまもと森都心プラザ<C会議室>
熊本市西区春日1-14-1
「熊本」駅徒歩3分

[受講料]
3,000円(当日現金にて領収)

弊社HPよりお申込みください
http://sc-llc.jp/seminar_form/'>http://sc-llc.jp/seminar_form/
⇒うまくセミナーページに移動できないときは、一番下の弊社HPよりお入りいただき、セミナーページに移ってください。

[経営理念]
我々は認定支援機関として責任ある態度・行動を標榜し、中小企業経営に正しく且つ実践的な情報提供に努めます。

[この講座に関するお問い合わせ]
主催者:ストラテジック・コンサルティング九州合同会社(認定支援機関:九州経済産業局)
        福岡市中央区渡辺通5-14-12南天神ビル3階
       電話 092-687-6422
   URL  http://sc-llc.jp/

 

Board footer