アイ・シー・ネット株式会社さん 2017-02-28 13:34:34 No. 1

経済産業省の補助金事業としてアイ・シー・ネット(株)が実施している「飛びだせJapan!」では、世界の成長マーケットへの展開を目指す中小企業をサポートしています。これまでに21社(第1回飛びだせJapan!:11社、第2回飛びだせJapan!:10社)の中小企業の海外進出を支援してきました。展開先は、カンボジア、ミャンマー、インドネシアといった東南アジアの他、エチオピアやケニアといったアフリカを含む計15か国。業種も、食品加工、農業、金融、コンテンツ、製造業など多様な11業種の企業の進出をサポートしています。

■イベント概要
<開催日時・場所>
開催日時:3月6日(月) 午後2時~午後4時(1時30分より受付開始)
場所:あわぎんホール(徳島県郷土文化会館) http://www.kyoubun.or.jp/index.html

<参加予定企業(五十音順)>
・(株)スペック:カンボジア・食品加工        ・(株)菜々屋:カンボジア・農業

<お申し込み方法>
下記のアイ・シー・ネットのお申し込みサイトよりお申し込みください:
https://icnet.smartseminar.jp/public/seminar/view/118

■内容
<事業概要のご紹介>
今回の報告会では、飛びだせJapan! の事務局として、中小企業の進出サポートをしてきたアイ・シー・ネットより、飛びだせJapan!の概略として、本事業のテーマでもある社会課題にどのようにしてビジネスでアプローチしていくのかといった視点をご紹介すると同時に、今後、新興国や途上国への展開を検討される企業のみなさまにとって事業の立ち上げの参考になるようなポイントを併せてご紹介します。
・どのようなきっかけで進出を決意した企業の進出がうまくいっているのか?
・対象国の選定のポイント
・現地パートナーの重要性
・新規事業の立ち上げをスムーズにする実施体制

<地元企業による進出事例紹介:(株)スペック>
(株)スペックさんは、国内では食品の衛生検査をコアの事業として、衛生検査で培ってきたノウハウをもとにKAMIKATZビールの醸造所といった食品加工のビジネスも展開しています。
まだ食品加工についての衛生管理基準がないカンボジアで、日本の食品衛生検査所が、安心・安全をテーマに食品加工ビジネスを展開することで、カンボジアでの衛生管理のスタンダードをつくることを目指しています。
現地での活動を通じて、どのようにして事業を立ち上げてきたのか、ビジネスの立ち上げで直面した困難、それをどのように克服してきたのか?、今回のビジネスを通じて社会課題にどのようにアプローチしていくのかなど、これまでの経験を元にプレゼンしていただきます。

<このような方にぜひご参加頂きたいです!>
今後、新興国や途上国で新しい事業に取り組んでみたいと考えていらっしゃる企業のみなさま。これまでに海外進出の経験がない方も大歓迎です。実際に、飛びだせJapanで初めての海外進出をされた中小企業の方も多くいらっしゃいます!
当日は、アイ・シー・ネットと採択企業によるプレゼンの他、質疑応答の時間も設けておりますので、今後の海外進出を考えていらっしゃる方のご参加をお待ちしています。

第2回飛びだせJapan! について
本事業は、経済産業省による平成28年度「技術協力活用型・新興国市場開拓事業費補助金(社会課題解決型国際共同開発事業)」として、アイ・シー・ネット(株)が、「第2回 飛びだせJapan! 世界の成長マーケットへの展開支援補助金」という名称で実施しています。詳細はこちら: http://www2.icnet.co.jp/tobidase_japan/
お問い合わせ先:    アイ・シー・ネット株式会社 ( URL: http://www.icnet.co.jp/
ビジネス・インキュベーション・グループ
担当:柴田( Email; big@icnet.co.jp )

アイ・シー・ネット株式会社さん
2017-02-28 13:34:34 No. 1

経済産業省の補助金事業としてアイ・シー・ネット(株)が実施している「飛びだせJapan!」では、世界の成長マーケットへの展開を目指す中小企業をサポートしています。これまでに21社(第1回飛びだせJapan!:11社、第2回飛びだせJapan!:10社)の中小企業の海外進出を支援してきました。展開先は、カンボジア、ミャンマー、インドネシアといった東南アジアの他、エチオピアやケニアといったアフリカを含む計15か国。業種も、食品加工、農業、金融、コンテンツ、製造業など多様な11業種の企業の進出をサポートしています。

■イベント概要
<開催日時・場所>
開催日時:3月6日(月) 午後2時~午後4時(1時30分より受付開始)
場所:あわぎんホール(徳島県郷土文化会館) http://www.kyoubun.or.jp/index.html

<参加予定企業(五十音順)>
・(株)スペック:カンボジア・食品加工        ・(株)菜々屋:カンボジア・農業

<お申し込み方法>
下記のアイ・シー・ネットのお申し込みサイトよりお申し込みください:
https://icnet.smartseminar.jp/public/seminar/view/118

■内容
<事業概要のご紹介>
今回の報告会では、飛びだせJapan! の事務局として、中小企業の進出サポートをしてきたアイ・シー・ネットより、飛びだせJapan!の概略として、本事業のテーマでもある社会課題にどのようにしてビジネスでアプローチしていくのかといった視点をご紹介すると同時に、今後、新興国や途上国への展開を検討される企業のみなさまにとって事業の立ち上げの参考になるようなポイントを併せてご紹介します。
・どのようなきっかけで進出を決意した企業の進出がうまくいっているのか?
・対象国の選定のポイント
・現地パートナーの重要性
・新規事業の立ち上げをスムーズにする実施体制

<地元企業による進出事例紹介:(株)スペック>
(株)スペックさんは、国内では食品の衛生検査をコアの事業として、衛生検査で培ってきたノウハウをもとにKAMIKATZビールの醸造所といった食品加工のビジネスも展開しています。
まだ食品加工についての衛生管理基準がないカンボジアで、日本の食品衛生検査所が、安心・安全をテーマに食品加工ビジネスを展開することで、カンボジアでの衛生管理のスタンダードをつくることを目指しています。
現地での活動を通じて、どのようにして事業を立ち上げてきたのか、ビジネスの立ち上げで直面した困難、それをどのように克服してきたのか?、今回のビジネスを通じて社会課題にどのようにアプローチしていくのかなど、これまでの経験を元にプレゼンしていただきます。

<このような方にぜひご参加頂きたいです!>
今後、新興国や途上国で新しい事業に取り組んでみたいと考えていらっしゃる企業のみなさま。これまでに海外進出の経験がない方も大歓迎です。実際に、飛びだせJapanで初めての海外進出をされた中小企業の方も多くいらっしゃいます!
当日は、アイ・シー・ネットと採択企業によるプレゼンの他、質疑応答の時間も設けておりますので、今後の海外進出を考えていらっしゃる方のご参加をお待ちしています。

第2回飛びだせJapan! について
本事業は、経済産業省による平成28年度「技術協力活用型・新興国市場開拓事業費補助金(社会課題解決型国際共同開発事業)」として、アイ・シー・ネット(株)が、「第2回 飛びだせJapan! 世界の成長マーケットへの展開支援補助金」という名称で実施しています。詳細はこちら: http://www2.icnet.co.jp/tobidase_japan/
お問い合わせ先:    アイ・シー・ネット株式会社 ( URL: http://www.icnet.co.jp/
ビジネス・インキュベーション・グループ
担当:柴田( Email; big@icnet.co.jp )

 

Board footer