MOSHIMO研 福井さん 2017-06-25 00:20:51 No. 1

<製造業向け>成果の出る人工知能の活用方法
~技術課題を解決する「ツール」として~【受講料割引特典有り】

http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC170718.php'>http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC170718.php

【講師割引申込特典】お申込時に備考欄に 講師割引番号「W-555」をご記載下さい。
割引価格で受講可能です。

◆本セミナーのポイント
最先端技術であるディープラーニングが話題になり、人工知能ブームが再来していると言われています。
最先端の技術は重要ではありますが、製造業の技術者が開発実務に活用するには敷居が高いことが課題ではないでしょうか?

このように人工知能には、活用が難しいイメージがありますが、ものづくり分野に絞れば、適切なツールとノウハウで意外と簡単に活用可能です。
人工知能にも、最先端技術に対して「成熟した技術」があり、「成熟した技術」はものづくりの開発現場で安心して使うことが可能です。
その成熟した安心して使える技術を用いた、製造業における人工知能活用法を、具体的な事例を用いて解説いたします。

ものづくり技術者にとって、人工知能は目的ではなく、技術課題を解決する手段、ツールとして使えることが理想的です。
本セミナーで解説する成熟した人工知能技術を使うことで、解決すべき技術課題に集中することが可能になります。


※※※※※【東京開催】※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
●日時 2017年7月21日(金) 10:30-16:30
●会場 [東京・東新宿]新宿文化センター4階 第2会議室
●主催 株式会社 情報機構
●講師 MOSIMO研 代表 福井

◆想定受講者
・要素技術、生産システム、加工技術などの分野で人工知能を活用したい開発者の方々
・最先端で未成熟な技術ではなく、製造業で実績があり、簡便に使える人工知能技術を求めている方々
・毎年繰返し、同じような製品開発(製品設計と検証、その生産条件出し)を行っていて、その開発効率を高めたい方
・破壊検査などの抜取り検査を全数検査に変え、量産品質トレンドや設備モニタリングを行い、不良を未然に防ぎたい方々
・エクセルのような簡単に使える人工知能技術を求めている方々
・特定の不良状態を自動的に見つけるだけなく、未知の不良状態(未定義の不良品)を見つける技術が必要な方々
・品質工学や実験計画法などで、離散的な探索では成果の出ない方々
・「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」第四次産業革命型などIoT&AI関係の補助金獲得を経営課題としてお考えの方々

※人工知能に関する予備知識は必要ありません。

◆受講することで得られる知識/ノウハウ
・要素技術、生産システム、加工技術の開発者に適した人工知能技術の応用知識とノウハウ
・「製品設計条件(寸法仕様、材料仕様など)」と生産条件」から製品特性値をバラツキも含めて人工知能に予測させる方法
・上記の量産時性能分布技術を利用した、製品設計条件と生産条件を試作レスで最適化する技術の構築方法(レシピジェネレーターの開発方法)
・抜き取り検査しかできなかった工程を人工知能による推定全数検査にする方法
・製造業における人工知能の使いこなしノウハウ
・第四次産業型の補助金申請に必要なIoT&AIシステム構成と処理フローの事例
など

※※※※※【東京開催】※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
割引特典があります。お申込HPの 備考欄に 講師割引番号「W-555」とご記載いただくと受講料が割引になります。

講師割引申込
・本講座料金より ¥10,800 引き
・2名以上参加 更に¥2,160 引き

詳細は、下記からご確認をお願いいたします。
主催:情報機構 様
http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC170718.php'>http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC170718.php
TEL:03-5740-8755 FAX:03-5740-8766
mail req@johokiko.co.jp

MOSHIMO研 福井さん
2017-06-25 00:20:51 No. 1

<製造業向け>成果の出る人工知能の活用方法
~技術課題を解決する「ツール」として~【受講料割引特典有り】

http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC170718.php'>http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC170718.php

【講師割引申込特典】お申込時に備考欄に 講師割引番号「W-555」をご記載下さい。
割引価格で受講可能です。

◆本セミナーのポイント
最先端技術であるディープラーニングが話題になり、人工知能ブームが再来していると言われています。
最先端の技術は重要ではありますが、製造業の技術者が開発実務に活用するには敷居が高いことが課題ではないでしょうか?

このように人工知能には、活用が難しいイメージがありますが、ものづくり分野に絞れば、適切なツールとノウハウで意外と簡単に活用可能です。
人工知能にも、最先端技術に対して「成熟した技術」があり、「成熟した技術」はものづくりの開発現場で安心して使うことが可能です。
その成熟した安心して使える技術を用いた、製造業における人工知能活用法を、具体的な事例を用いて解説いたします。

ものづくり技術者にとって、人工知能は目的ではなく、技術課題を解決する手段、ツールとして使えることが理想的です。
本セミナーで解説する成熟した人工知能技術を使うことで、解決すべき技術課題に集中することが可能になります。


※※※※※【東京開催】※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
●日時 2017年7月21日(金) 10:30-16:30
●会場 [東京・東新宿]新宿文化センター4階 第2会議室
●主催 株式会社 情報機構
●講師 MOSIMO研 代表 福井

◆想定受講者
・要素技術、生産システム、加工技術などの分野で人工知能を活用したい開発者の方々
・最先端で未成熟な技術ではなく、製造業で実績があり、簡便に使える人工知能技術を求めている方々
・毎年繰返し、同じような製品開発(製品設計と検証、その生産条件出し)を行っていて、その開発効率を高めたい方
・破壊検査などの抜取り検査を全数検査に変え、量産品質トレンドや設備モニタリングを行い、不良を未然に防ぎたい方々
・エクセルのような簡単に使える人工知能技術を求めている方々
・特定の不良状態を自動的に見つけるだけなく、未知の不良状態(未定義の不良品)を見つける技術が必要な方々
・品質工学や実験計画法などで、離散的な探索では成果の出ない方々
・「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」第四次産業革命型などIoT&AI関係の補助金獲得を経営課題としてお考えの方々

※人工知能に関する予備知識は必要ありません。

◆受講することで得られる知識/ノウハウ
・要素技術、生産システム、加工技術の開発者に適した人工知能技術の応用知識とノウハウ
・「製品設計条件(寸法仕様、材料仕様など)」と生産条件」から製品特性値をバラツキも含めて人工知能に予測させる方法
・上記の量産時性能分布技術を利用した、製品設計条件と生産条件を試作レスで最適化する技術の構築方法(レシピジェネレーターの開発方法)
・抜き取り検査しかできなかった工程を人工知能による推定全数検査にする方法
・製造業における人工知能の使いこなしノウハウ
・第四次産業型の補助金申請に必要なIoT&AIシステム構成と処理フローの事例
など

※※※※※【東京開催】※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
割引特典があります。お申込HPの 備考欄に 講師割引番号「W-555」とご記載いただくと受講料が割引になります。

講師割引申込
・本講座料金より ¥10,800 引き
・2名以上参加 更に¥2,160 引き

詳細は、下記からご確認をお願いいたします。
主催:情報機構 様
http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC170718.php'>http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC170718.php
TEL:03-5740-8755 FAX:03-5740-8766
mail req@johokiko.co.jp

 

Board footer